燃やせるゴミを最大限利用する方法

不用品を処分する時に、燃えるゴミとして出せる物も含まれている事が多いと思います。
こうした場合は、各市区町村の燃えるゴミの日にまとめて出してしまう事が妥当だと思いますが、不用品が想像以上に大量だった場合には、燃えるゴミの日に出してしまって良いのでしょうか。
燃やせるゴミ限定の話しになりますが、各市区町村でゴミの量の制限を設けているところは少ないかほぼ無いと思います。
その都度決められた曜日に出す事は全国的に同じ条件でしょうが、その量についてまで制限されている地域があると言うような事は聞いた事がありません。
ただし、いくら燃えるゴミとして出せる不用となった品物でも、規定のサイズ内の大きさにして専用のゴミ袋に入れて出さなくてはならない地域がほとんどだと思います。
例えばカーペットを処分したいと思った時に、カーペットとしてゴミに出してしまうと料金が掛かるケースがほとんどだと思います。
燃やせる素材であっても、規定のサイズをオーバーしてしまっている為に、燃えるゴミの日に出す事が出来ないのです。
こうした場合は、燃えるゴミの規定のサイズに自分でカットする事が良いと思います。
大抵の場合は縦横50四方以内、等と、サイズに規定がありますので、そのサイズ内に収まるように自分でカットして燃えるゴミの日に出してしまうのです。
不用品回収業者に回収してもらう方法もありますが、こちらも場合も有料となる事が想定されますので、自分で出来るようであれば、自分でカットしてしまった方が安上がりだと思います。
ゴミ袋代と、不用品回収業者に依頼する費用を比較しても、ゴミ袋代の方が安いのではないかと思います。
ゴミ袋代ならばせいぜい一番大きなサイズの物でも300円程度でしょうし、不用品回収業者に依頼した場合にはそれを上回る可能性が高いと言えます。
このように、不用となった品物を処分する場合には、業者に依頼するのも良いですが、自分で出来るところまでは自分で努力する事も大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です